カテゴリ:お料理( 7 )

ローゼルとリンゴのジャム

水戸市泉町で毎週木曜日に「のう○市」(のうえんいち)が開かれています。

茨城県常陸大宮市を中心とした県北地域の有機農家が、共同で行っている朝市で10時から14時まで新鮮な野菜を並べています。


この朝市が開かれるようになってから、毎週出かけて行っては農家のお兄さんに調理法などを教えてもらいながら野菜を数種類買うのが楽しみになっていて、先週はキクイモやらローゼルやら珍しい野菜をあれこれ買いこんできました。
f0231887_19553373.jpg

ドライのハイビスカスローゼルはハーブティとして普段から良く飲んでいるのですが、この生のローゼルを見たのは初めて。
家に帰って来てからローゼルを販売していたポコ・ア・ポコ農園の珍しい野菜の食べ方。ブログを参考にして、まずはお茶にしてみました。
f0231887_19555695.jpg

外側の赤い額の部分を手でちぎってお茶にします。真ん中の種の入った緑の部分は食べないのかな・・・


味はドライローゼルよりもまろやかで酸味も少なくてとてもおいしかったです。
お茶に使ったローゼルは捨てないでリンゴと一緒に煮てジャムにしました。
f0231887_2002475.jpg


甘さ控えめでリンゴは大きめに切ったゴロゴロとしたジャムです。
リンゴジャムって皮を剥くバージョンとかすりおろして煮込んだりといろいろレシピもあるし紅玉で作ればもっと赤くなって酸味も加わって美味しくなるのだろうけど、今回は家にあったリンゴで皮付きにしてみました。
もっと赤くなることを期待したのだけどあまり赤くならずほとんどローゼルの味もしなかったのは、きっと分量の問題でもっとたくさん入れていたら酸味がついて色も付いたのでしょうか。ただ単にリンゴの量が多すぎたともいえますが。

でも味は普通に美味しくできたので良しとしましょう(自己満足)


薄曇りだった今日は夕方になって太陽が下から雲を赤く染めて一瞬空がオレンジ色でした。
f0231887_2045154.jpg

急に日が落ちるのが早くなりすっかり秋が深まったと思う今日このごろです。
[PR]
by soap-lesson | 2011-10-19 20:27 | お料理 | Comments(0)

自家製天然酵母パン

以前より通っている恵比寿のパン教室で行われたワンデイ天然酵母レッスンでカンパーニュを焼いてきました。

レーズンから起こす自家製天然酵母の作り方と元種からの継ぎ方、そして自家製天然酵母を使ったパン・ド・カンパーニュとカレンズとクルミがぎっしり入ったパンを焼くという朝の10時から3時までという結構ハードな1日で天然酵母を学べる講座でした。
f0231887_1930668.jpg

レーズンで起こした発酵液は複雑なうまみのワインのような風味が感じられるとてもよい香りがします。
f0231887_1930339.jpg

天然酵母の香りがするパン・ド・カンパーニュが焼けました!もっちり、ずっしり、深い味わい。
ここのパン教室の先生が焼くパン・ド・カンパーニュはトルシエのアシスタントだったフランス出身のフローラン・ダバディ氏も大ファンなんだそうです。




f0231887_19314613.jpg

そしてパン・ド・カンパーニュに添えたのはレモンカード。

夏に出回るレモンはとってもジューシーなので果汁たっぷり超さわやかレモンカードができます。


[PR]
by soap-lesson | 2011-08-01 19:41 | お料理 | Comments(0)

茨城産の人参でケーキ

とても悲しいことに私の住む茨城県の野菜が出荷停止や風評被害で価格が暴落しています。
誤った認識やイメージは大変な事態を招きます。ひとりひとりが正確な情報をきちっと見極め良識ある行動でこれ以上風評被害が広がらないことを願っています。


おいしい茨城産春人参が出回り始めました。
丁寧に洗って皮付きのまま輪切りにすると青臭さは全然なくニンジンの甘い香りがし切り口からは水分が出てまな板がオレンジ色になります。
このみずみずしくて栄養豊富な春人参をぎっしり入れてヘルシーな全粒粉でパウンドケーキを焼きました。

f0231887_182034.jpg

パンとお菓子の本

徳永 久美子 / 扶桑社



横浜の有名なパン屋さんベッカライ徳多郎の徳永久美子さんの本「パンとお菓子の本」を参考にしました。本では人参を蒸すのですがレンジでチンに変更したりダイエット中なので砂糖を減らしたりちょっとアレンジしています。


茨城県福島県の農家の皆さん、風評被害などに負けずにこれからも美味しい野菜を作って下さいね。。
[PR]
by soap-lesson | 2011-03-31 18:28 | お料理 | Comments(0)

憧れのバゲット

「甘いパン」「ふわふわのパン」そして「ハード系のパン」
パン教室に通い始めて1年、いろいろなパンを作りました。
そしてハード系パンの中でもっとも難しいといわれるバゲットのレッスンにやっとたどり着きました。この日を楽しみにしていたのです、バゲットを焼けるようになりたくてパン教室に通い始めたのですから。

バリっとした皮、きれいに開いたクープ、気泡がしっかり入ったしっとり柔らかいクラム。
そんな理想のバゲットが自分で焼くことができたら・・・



と思ったが、案の定かなり手ごわかったです。

捏ね過ぎない、ガスを抜き過ぎない、成形、クープ、オーブンの温度。
作り方はシンプルだけど、細かいところに気を配りちょっと、いえいえかなり技術が必要。

f0231887_2005143.jpg


お教室で焼きあげたバゲットはパチパチパチという細かい音とともに香ばしい粉の香りがしました。

先生が言いました。
「技術ももちろんだが、家庭用オーブンでそう簡単には美味しいバゲットは焼けないよ」バゲットの道は険しく長いようです。

そして私はあっさり思いましたよ。
バゲットは職人さんにおまかせするのが賢明だな。
[PR]
by soap-lesson | 2011-02-06 20:05 | お料理 | Comments(2)

シュトーレン

モコモコに泡だてたミルクを加えたコーヒーが本当に美味しい季節になりました。
そのコーヒーのお供はパン教室で焼いたシュトーレン、クリスマスは過ぎたけれどまだ食べています。
f0231887_2124770.jpg


シュトーレンを焼いたのは12/4。最低1週間は食べないでこのまま寝かせて下さいねバターやドライフルーツのうまみが充分染みわたり美味しいのは2週間以降ですよとパン教室の先生に念を押され、そこまで言うのならばとじーと我慢。我慢。我慢。。。
一週間後にちょっとだけ味見をしてみて美味しいけれどやっぱりなんとなく「うーんまだかな?」って感じだったので再度しっかりと封をしてさらに我慢して1週間寝かすことに。

2週間後我慢のかいがあったようで生地もしっとり味がなじんでさらに美味しくなっていて感激!だったが、しかしさらに欲を出てまた封をしさらに寝かすことに。クリスマス(3週間過ぎた)に再度開封。寝かすこと3週間楽しみに待ったかいがありましたよ、なるほど香りも豊潤になり焼きあげた直後よりはるかに深い味になっていました。
心待ちにしたシュトーレンには絶対コーヒーが欲しくなります。この組み合わせとっても幸せ。
あー誘惑に負けないでよかった(笑)

一緒にパン教室に通っている妹は焼いてから2週間後には「もうシュトーレンは全部食べ終わっちゃった」と言ってたっけ。
残念だったねぇまさに今が食べ頃だよぅ・・・
[PR]
by soap-lesson | 2010-12-27 21:52 | お料理 | Comments(1)

ジンジャーケーキ

すりおろしてペースト状にしたしょうがをたっぷりいれたジンジャーケーキを作りました。シンプルな材料で甘すぎないし、堅すぎない焼きっぱなしケーキです。
f0231887_17202942.jpg

恭子さーん、材料は↓好みに調整してくださいね。

・しょうがペースト
しょうがのすりおろし     100g
水                100ml
きび砂糖            50g

・生地
薄力粉             180g
BP(アルミニウムフリー)   小1
全卵               1個
きび砂糖            40g~60g
塩                少々
太白ごま油           80ml 

180℃ 30分
作り方はこちら
[PR]
by soap-lesson | 2010-11-22 17:21 | お料理 | Comments(2)

グラノ―ラ


前回のせっけん教室でご紹介した簡単でヘルシーなグラノーラレシピの詳細です。

朝食にヨーグルトや牛乳をかけてもそのままでも美味しいですが、お好みのドライフルーツやナッツを加え変化をつけたり、甘味料やココアを足したりといろいろアレンジもできます。

f0231887_21203469.jpg


グラノーラ材料   (オーブン天板1枚分)
オートミール              200g
ライフレーク               80g
アーモンドスライス           100g
パンプキンシード             30g
サンフラワーシード            20g
全粒粉                  大2
EXオリーブオイル            大2
ハチミツまたはメープルシロップ     50g

ナッツ      クルミ、カシューナッツ、ヘーゼルナッツなど
ドライフルーツ レーズン、クランベリー、ブルーベリー、アップルピースなど

①オーブンを150℃に予熱する。
②オートミールから全粒粉までとお好みのナッツをボールに入れオリーブオイルを加えなじませる。
③ハチミツを加え混ぜる(卵白やきび砂糖を加える場合はここで)
④150℃のオーブンに入れ20分、途中で一度全体をひっくり返しましょう。
⑤オーブンから出して温かいうちにドライフルーツを混ぜます。

卵白を2個分加えると、サクッと軽く香ばしいグラノラとなります。
カリっとした食感を楽しむために、オーブンから出したら良く冷まして水分を完全に飛ばしてから密閉容器に入れてください。

f0231887_2121521.jpg

[PR]
by soap-lesson | 2010-06-15 21:24 | お料理 | Comments(0)

手作り石けん教室


by ナトゥリアル手作り石けん教室
プロフィールを見る
画像一覧